アロマのこと

アロマといえば、セレブが行うような少し敷居が高いイメージがあるかもしれません。

けれども、その効果、効能は素晴らしいものがあり、リラクゼーションのみに留まらず

「もっと医療現場で活かしたい」という思いから、訪問言語訓練の傍ら、患者様へ

アロママッサージを施術してきました。

臨床例・患者様の声

☆60代 男性 脳梗塞後遺症により言語障害・右片麻痺

 発症後3年目より週1回のアロママッサージ施術

 →1年後にはほとんど機能していなかった右手が孫と軽いキャッチボールができるまでに改善

 (麻痺の程度により全ての方の麻痺が改善するわけではありませんが、

 この方の場合、痙縮が強かったため、筋肉に緊張をほぐすスェーデン式のアロママッサージが

 有効でした) 

 

☆80代 女性 パーキンソン病

 パーキンソンの症状でもある無表情が顔面のアロママッサージにより施術後は「表情が豊かになる」

 との声をご家族様からいただきました。

 

☆70代 女性 認知症

 毎回「初めまして」という程、記憶に障害をもった方がアロママッサージをしてことだけは覚えている

 とご家族様より報告をいただきました。

 脳の中で記憶を司るとされている「海馬」と嗅覚を感じとる部分は隣にあるため記憶にもよい刺激が

 与えられたと考えられます。

 

☆50代 女性 うつ病

 睡眠障害をもった患者様ですが、アロママッサージを受けた日はとてもよく眠れるとの報告がありました。

 アロマには自律神経を整え、特にラベンダーには安眠効果があります。

 

このように脳梗塞・脳出血後の後遺症として麻痺の残っている方、パーキンソンなどの神経難病の方、

認知症やうつ病の方々に効果がみられています。

また、介護疲れのご家族の方のリフレッシュにもなります。

その他、肩こり、腰痛、冷え性、ストレス、むくみ、婦人科系のお悩み、慢性疲労、自律神経の乱れ

などの症状のある方、アロママッサージを是非、体験しに来て下さい。